夏の日の出来事

司法書士の板倉です。

 去年の
4月に住んでいたマンションを引き払い、実家に戻りました。
 家族に園芸が好きなものが居り、庭に金鎖やユリ、サザンカや椿その他色々な植物が植えられていまます。
園芸に興味のない私は、滅多に庭に出ることはなく、出るのは一ヶ月に1
回、草引きを手伝う時くらいでした。

 去年、夏のある日、エアコンをつける程暑くないものの、風通しをよくするため窓を開けて生活をすることが多くなってきたときのことです。
 腕や太腿になぜか赤い斑点がでて非常に痒くなりました。
蚊に刺された後とは明らかに違ったので、ダニがいるのかなと思い、家中掃除し、また色々な製品でダニ駆除、ダニ予防に努めました。
 しかし、赤い斑点は収まらず、むしろ拡大していきます。1
週間程後、これはほかに原因があるのではないかと思い、調べ始めました。
 察しのいい方なら、もうお気づきかと思います。茶毒蛾です。
茶毒蛾の幼虫がサザンカや椿に大量発生していたのです。調べると、この毒蛾は、椿やお茶の木やさざんか
(山茶花)に好んで卵を産み付け、羽化した幼虫は集団で葉っぱに生息して、敵が来たり、興奮したりすると0.1ミリほどの目に見えない針を周辺に撒き散らすとのことでした。1匹が数十万本もの微細な針を撒き散らしますが、集団でいますから、その撒き散らされる針の数は何百万本、何千万本にもなり、霧のようにあたりにただようことになります。
それで、直接幼虫に触らなくても幼虫のいる木のそばや下にいるだけで、その微細な針が皮膚に付き、皮膚にブツブツができて赤くはれ上がり、激しい痒みをともなう毒蛾皮膚炎を引き起こすとのことでした。

 調べれば調べるほど、茶毒蛾はまさに生物兵器であるとしか思えなくなり、家族のためにも根絶しなければならないと思いました。思い立った私は、手首、足首がきっちり締まるレインコートに身を包み、台所で使うゴム手袋をはめ、またレインコートのフードをかぶり、マスクと木工作業用のゴーグルをかけるという完全防護した姿で(放射線防護服が一番近いでしょうか?)、問題の木の下に入り込み、汗だくになって消毒薬を撒き散らしました。1週間ほどして、茶毒蛾の幼虫に食い荒らされていたサザンカや椿の木に青々とした葉が戻り、かゆみも収まりました。

 初夏とはいえ、非常に暑い日だったのを覚えています。
準備等含めても4
時間ほどのことでしたが、家族のためにちょっと頑張った出来事でした。

伏見稲荷①

司法書士 田中聖晃です。

 先日、
鳥居がみっしりと連なってトンネルのようになっている「千本鳥居」で有名な“伏見稲荷大社”に行ってきました。

 ドラマや漫画などでよく見ていたのですが、実際に行くのは初めてです。

 京阪電車の伏見稲荷駅で下車し、東の方向に進むと伏見稲荷大社への参道(御幸道)があります。駅から大社まで徒歩で約5分と近かったです。

 稲荷大社の門前名物といえばスズメの丸焼き」と昔から聞いていたので、参道でキョロキョロしていると、スズメの丸焼き」ではなく「ウズラの丸焼き」という看板が目に飛び込んできました。

 なぜかなぁー、スズメが捕獲できなくなったからかなぁーなどと考えながら歩いていると、大社に着いてしまいました。

 あとで家に帰って調べてみると、「中国産のすずめが輸出禁止になってから国内産だけしか提供できず、その捕獲量も年々減っていて貴重なものになってきている」との記事があったので、それかもしれません。

 ついでに、なぜ「スズメの丸焼き」が生まれたかですが、諸説ありますが、すずめは豊作の象徴である稲の大敵とされており、昔の人が日本各地にあった稲を食い荒らすすずめを退治するために「スズメの丸焼き」が生まれたと伝えられています。

 ちなみにこのすずめ、公園などでよく飛んでいるすずめを捕獲しているのではありません、とのことです(すずめの猟には免許が必要のようです)。

 次回は、伏見稲荷大社のなかで気になったことを書きたいと思います。

事務員の華麗(?)なる活躍

司法書士の髙屋です。

今回は、アヴァンス法務事務所本店所在地の名所案内ではなく、
普段業務をサポートしてくれる事務員の紹介をしたいと思います。

私は、以前から事務員と定期的に食事に行って交流を深めております。
それは、4月の下旬に差し掛かった頃でした。
事務員のN氏から、耳を疑う発言を聞きました。

「カレーをこよなく愛しているので、カレーならば
1キロ食べることができる」

疑念もありましたが、確かに大食漢の
N氏なら可能かもしれないと頭をよぎりました。
連日昼食にカツカレーを食べているためカレー好きであることも周知の事実です。
しかし、私も学生時代に1キロカレーに挑戦したことがありましたが、
恐らく半分ほどしか食べることができず、逆に罰金を支払った苦い記憶があります。
そこで、私は、自分が成しえなかった1キロカレー完食をN氏に託すことにしました。

4
月某日、さっそく業務終了後とあるカレー店にN氏を含む総勢4名で訪れました。
N氏が注文したメニューは下記のとおりです。

    
カレー1キロ(1キロはライスのみの重量でルーは別)
     ロースカツ
     生卵

私も同じくカツカレー(ライス
400g)を注文しました。
10分後、注文したメニューが到着し、私たちは驚愕しましたが、N氏に動揺は見られませんでした
同氏は、未知の領域ではあったが、現物を見た瞬間完食できると確信したと後に述懐しています。


curry


私が注文したカレー(400g)とNが注文したカレー(1kg)と、
画像からもその差は歴然です。

結局、
N氏は私とほぼ同じ時間である15分ほどで完食しました。
タイムもさることながら、最後は福神漬けをライス代わりに、ルーを残さず食していました。
真の大食漢は料理に対する敬意を決して忘れないことを、同氏の姿をもって教わりました。
そして、N氏の勇姿を目の当たりにした私たちに、空腹が満たされたこと以上の充足感があったことは多言を要しません。

当然、食に関してだけではなく、
業務上
N氏は事務所にとって欠かせない人物であることは言うまでもなく、
今後も
N氏を含む優秀なスタッフと共に多重債務者の救済に向けて尽力する所存です。

 

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ