2012年06月

専門家に相談しよう

はじめまして、司法書士の大塚 勇輝です。
先日までのブログに倣い、自己紹介までに法律噺を少し。

 アヴァンス法務事務所は、元々債務整理に特化した司法書士事務所としてスタートした事務所ですが、昨年より登記・渉外部署を立ち上げ、現在では登記はもちろんのこと、交通事故の訴訟や、悪質サイト詐欺等の消費者問題、未収家賃の回収など、広く『一般民事』と呼ばれる様々なニーズに対応させて頂いております。

 何を隠そう、私もその登記・渉外部署の一員なのですが、周りの諸先輩方と違い、まだまだ新米司法書士のため、ジャンルを問わず多種多様な相談を受けては、問題解決に向けて悪戦苦闘しながら知恵を絞る毎日を送っております。
 
 そんな中、『相続』に関する相談が増えてきたなと思う今日この頃。
 中でも、被相続人(亡くなった方)が債務超過の状態、例えば多額の借金を残して亡くなられた場合の相談が特に多いような気がします。


この場合、『相続放棄』という手続が一番メジャーですが、この相続放棄も万能というわけではなく、相続人(配偶者、子など)が自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内にしなければならない、という規定が民法にあるため、手続は割と早い段階で進める必要があります。ですので、進めるのであれば親族は被相続人の死をいつまでも悲しんでばかりもいられないというのが現実です。

 法律ってのは意外にシビアだなぁと思うときですが、しかし、裏を返せば『放棄』できるという権利自体が、債権者からしてみればとんでもない権利なわけで、そう考えると、民法のいう公平平等の実現というものはかくも難しいものかと。
 ともあれ、『知らない』ということは『知っている』ということよりもリスクが高いことは間違いありません。
 心情的な部分はさておき、相続でも、相続以外でも何でもそうですが、分からないことがあればすぐに専門家に相談するということは大事だと個人的には思っています。
 
 そんな折、私のバイクの任意保険が切れてしまいました。これを機に、かねてより興味のあったバギーを購入しようかと考えているのですが、如何せんバギーについての知識は皆無に等しいので、バギーの専門家
(この際、自称他称問いません)もしくは専門家が知り合いにいらっしゃる方は私までご一報下さいませ。

※写真は昨年、沖縄宮古島に行った際のワンショットです(これがバギーなるものです。)

これまでの写真と比べてだいぶハジケてますがご勘弁を・・・


otuka

 

猫と民法

はじめまして、司法書士の津島 渉と申します。

突然ですが、みなさんは犬派でしょうか、それとも猫派でしょうか?
私は元々犬派だったのですが最近、猫派に傾いてきます。
以前から犬は飼っていたのですが、1年ほど前、実家に猫のユキがやってきました。
そのユキがかわいくて仕方がありません。
じゃれてくるとき、家の中を走り回っているとき、眠っているとき、どれをとってもキュートです。


ところで、民法の不法行為の規定の中に「動物の占有者等の責任」というのがあるのはご存知ですか?

民法第七百十八条

1項 動物の占有者は、その動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負う。
   ただし、動物の種類及び性質に従い相当の注意をもってその管理をしたときは、この限りでない。
2項 占有者に代わって動物を管理する者も、前項の責任を負う。

つまり、ペットが他人に危害を与えたら通常、飼主が責任を負うということです。
うちのユキはじゃれて爪でよく引っ掻いてくるんですが、服が破れたり、引っ掻き傷が残ったりすることがあります。
私にとっては、それもまたかわいいんですが、他人にそんな事があっては大変です。
今は、家の外に出て行かないからいいのですが、今後のため、心を鬼にしてペットの躾けはしっかりしなければと思う今日この頃です。


tsushima
 

T字カミソリから学ぶマーケティング手法

副代表の徳永です。

坪山先生に続きまして、今回は、川井大輔 司法書士です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

はじめまして、司法書士 川井大輔と申します。
 坪山先生が業務に直結した内容を記されてましたが、私が続くと変な制約ができるかなぁ、と思い、割としょっぱなの今の段階で、全く業務に関係ない日々の雑感など記したいと思います。
気遣いの人と評していただいて、全く以って問題ありません。


 突然ですが、私は、カミソリはT字派なんですが、電気シェーバーの方が楽そうでいいなぁ、と思いつつ、ずっと乗り換えられずにいます。
 そもそも、電気シェーバーを買ったこともありません。ある程度まとまった金額を出すのが惜しいし、なんだか種類が多くて値段差も大きく、選ぶのが面倒なんですよね。お金の点で言えば、T字の替え刃は月あたり500円、年で言えば6,000円は必要なので、電気シェーバーを全然買えるわけです。ですが、もう10年以上T字カミソリを使い続けています。

 これは、ランニングコストで利益を出すマーケティング手法で、いわゆる替え刃商法と呼ばれています。なので、イニシャルコストである本体は替え刃に比して割安になってます。もっと言えば、試供品としてタダで配ってたりします。男性は一回ある商品が気に入ると、めったに乗り換えないらしいので、タダで配ってもそのうち何人かが気に入ってくれれば十分折り合うわけです。

 私の場合、高校時代は男子高だったのですが、その通学路できれいなオネエサンが某カミソリメーカーの試供品を配っていました。その試供品をもらって以来、そのメーカーのカミソリをずっと使っております。戦略にドはまりしてしまったわけですね。

 最近は、このようにランニングコスト重視の商法が世に多く見られます。代表例は携帯電話でしょうか?カミソリの本体どころではなく、高額な携帯本体をタダにしてたりします。通話代に1万円以上支払うユーザーは当たり前らしいので、本体をタダにしても問題ないのでしょうね。
 さらに、携帯電話には、縛りといわれる、解約に違約金が必要になる期間があって、気に入ったのでなかなか乗り換えられないという理由以上の強固さで、コストが固定化される仕組みがあります。
 そういえば、この縛りが、消費者に一方的に不利益になるので消費者契約法違反に当たるとして、消費者団体が携帯電話会社に対して起こした訴訟があったなぁ、と思い出して調べてみたら、第1審は請求棄却(縛りは違法ではないという判決)になっていました。
 今後も、この手の商法は増えていくのでしょうが、あまりにヒドい内容の縛りはさすがに違法と判断されると思います。

kawai


リーガル&マッスル


ブログをご覧の皆様、久々の更新となり申し訳ありません。
副代表の徳永です。

これから、司法書士の持ち回りでブログを更新することとなりました。
一人目は、坪山正義 先生です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

初めまして アヴァンス法務事務所 司法書士 坪山正義でございます。


早速ですが、20代の頃、オートバイと一人旅が趣味で、放浪の旅に出ていました。


・ヤマハ TW200で日本一周

・ヤマハ XT600でアメリカ一周

・鉄道 ユーレイルパスでヨーロッパ一周

アメリカでは、宮本武蔵の「五輪の書」をバッグに入れて、
アリゾナの砂漠をユーミンの「卒業写真」を口ずさみながら、XT600で疾走していました。


でも、今では嫁と息子がいるので、さすがに「放浪」は出ません。
代わりに(?)、週に2回、ジムで体を鍛えています。

嫁も息子も私の話を聞いてくれないので、

ジムで、ダンベルと筋肉の対話をしています。

おかげで「アイアンマン」というボディビル雑誌に2回載りました。

さて、自己紹介はこれくらいにして、今、最も「旬」な業務を紹介します。

「出会い系サイト詐欺」被害対策です。

消費者生活センターに年間3万件も相談が寄せられている巧妙で悪質な問題です。

利用者がいつの間にか誘導されるような事例もあり、誰もが被害者になり得る問題です。


以前、アヴァンスの依頼者の案件で、複数の運営業者から合計100万円を取り戻しました。

インターネットでの消費者被害は、多様化する決済手段を伴い、解決は容易くありません。

現在、アヴァンスでは、通常の債務整理の他に、「出会いサイト詐欺」被害対策も行っています。

サイト運営会社は、発生しては消滅を繰り返す「泡」のような存在ですが、

「出会い系サイト規制法」により、都道府県の公安に届出義務があり、

対応する相手としての実体はあります。

是非、誰にも話せないと一人で悩むことは辞めて、アヴァンスに依頼して下さい。

取り戻せる可能性があります。

あきらめず、一歩前に踏み出しませんか。

私達が、あなたの、「盾」になり、「矛」になります。

tuboyama


livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ