司法書士の田中聖晃です。

 先日、“のぼうの城”という映画を見てきました。

 第29回城戸賞を受賞した和田竜による脚本「忍ぶの城」を、「ゼロの焦点」の犬童一心監督と「ローレライ」の樋口真嗣監督が共同でメガホンをとり映画化されたもので、主演は野村萬斎、共演に佐藤浩市、成宮寛貴ほか。舞台は武蔵国忍城(埼玉県行田市)です。
 豪快な水攻めのシーンがあることから、東日本大震災の被災地に配慮し、公開が1年延期されていたものです。

 ストーリーは、歴史的にはほとんど知られていない存在だが、“のぼう様(でくのぼうの意)”と領民から慕われる城代・成田長親が、天下統一を目指す豊臣秀吉方20,000人の大軍を指揮した石田三成の水攻めに、わずか500人の兵で対抗するというもので、豊臣秀吉が唯一落とせなかった忍城の城代が主役です。

 20,000
500、数の論理では圧倒的不利は明らか。降伏して当然だけれど、人間の尊厳として数が多ければいいのか。
 ストーリーが理詰めで落ちてしまい、先が見えてしまうとちょっと物足りないと思わせる映画でした。

 我々司法書士の業務も、弱者救済等々、国民の権利の擁護に寄与することを目的としていますので、相通ずるところがあると思った次第です。