お久しぶりです。副代表の姜です。
みなさん「武士の一分」という言葉がありますが、ご存知でしょうか?

その意味するところは、武士としての面目、譲れない尊厳、命を掛けてでも守り抜く、武士の魂と名誉です。

さて、聞くところによると昔々の司法書士は、不動産取引の際に、売主・買主はもちろん融資する銀行員まで司法書士事務所に赴いて、先生の顔色を伺いながら決裁をして頂いていた「司法書士の黄金期?
」があったようですが、
最近では、すっかりサービス業化して、お呼びが掛かればどこへでも出かけて行き、愛想よく迅速且つ正確に業務を行なうのは当然のご時世になりました。

しか~~し!!!司法書士として決して譲れない「一分」があります。
法律専門家として依頼者の利益を最優先し、長年かけて築き上げてきた司法書士の社会的信用を守るため、
基本的な確認
(意思確認など)が出来ない業務の依頼に関しては、一切の私利私欲を排除し断固拒否することです。

アヴァンス法務事務所は、今後も依頼者の利益を最優先し、個人情報の保護並びにコンプライアンスを遵守し業務を行なってまいります。